永尾 暁:昴マンのブログ

永尾 暁

永尾 暁

忖度


2017年12月 1日

20171204.jpg

今年もあと一ヶ月を切り、先日は、2017年の流行語大賞が発表されました。
そして、「インスタ映え」、「忖度」の二つが年間大賞に選ばれました。
インスタグラムは私はやっていないので「インスタ映え」という言葉はとりあえず横に置いておいて・・・

「忖度」という言葉。

森友学園問題に際し安倍首相が「忖度はなかった」と発言したことをきっかけに広まったようです。
以前、夜放映されていた討論番組で、この問題が議題のとき、橋下氏が「忖度はあったはず」といった旨、コメントしたのを憶えています。
私は恥ずかしながら、この番組で初めて、忖度という言葉を知りました。
また、その頃から、頻繁に、忖度という言葉を耳にするするようになったと感じています。

さて、ここまできて、忖度って何?、何て読むの?、と思っている方もいるかもしれませんね。

読みは「そんたく」、意味は「他人の気持ちを推し量ること」。

これだけだと、「相手の立場になって物事を考えること」、簡単にいうと「思いやり」と同じ意味合いのようですが、
昨今の使われ方を見ると、思いやりや親切心とはちょっと違い、上司・部下のように上下関係にある状況で下の立場の者が上の立場の人に対して良かれと思い行動することを指すようですね。

今回、政治の世界では問題になってしまい、あまり良いイメージのない言葉になってしまった感がありますが、ビジネスの世界では、多少なりとも必要なことではないでしょうか。

以前、上司から「言われたことをただ作業するのではなく、さらに相手が何を求めているかを考えて業務に取り組みなさい」という助言をいただいたことがあります。
これは、ときに忖度せよ、と言い換えることができそうです。

仕事をする上では、ことをスムーズに運ぶため、また、高評を得るため、忖度しなければいけないケースは往々にしてありそうです。

ただし、良かれと思いしたことが仇になり、余計なお世話となるケースもあるかもしれません。

お気をつけて。


永尾 暁

永尾 暁

AlphaGo Zero


2017年10月27日

20171030.jpg

以前(2016年2月5日)に、「AlphaGo」というタイトルで、当ブログの記事を書きました。
「AlphaGo」とは、AIの囲碁プログラムです。

それから、1年半くらい経ったわけですが、これを開発したディープマインド社は、
「AlphaGo Zero」というニューバージョンを開発したそうです。
この「AlphaGo Zero」がまたものすごいことになっているようです。

旧バージョンの「AlphaGo」は、世界一の囲碁王者 イ・セドル氏と、
2016年3月に5局の試合を行いました。
その結果、「AlphaGo」は、4勝1敗という記録を残しました。
世界一の王者が負けたのです。
つまり、この段階で、人間を超えていたと言えます。

その「AlphaGo」の進化版、「AlphaGo Zero」は、
なんと、旧版「AlphaGo」に対して100戦100勝という結果を収めたそうです。

「AlphaGo Zero」は、人知の遠く及ばない神の領域まで行ってしまったようです。
将棋同様、囲碁も今後は人間VSコンピュータという対戦はもう行われないことでしょう。

さて、旧版「AlphaGo」は、最初の時点では、過去の人間同士の棋譜データをお手本として
学習する手法を取ったと思うのですが、新版「AlphaGo Zero」は違います。
「AlphaGo Zero」は囲碁のルールだけを教え、あとは、何もない状態から始めたそうです。
また、「AlphaGo Zero」同士を何百万回と対戦させたとのことでした。

私が知っているAIは、「教師データ」が必要であり、
これを与えることで、解析・学習を繰り返すというものだと理解していました。
しかし、この私の概念は間違いなのかもしれません。


昨夜、テレビを見ていたところ、某バラエティ番組で、
日本語文章(文字情報)を、流暢に読み上げるAIが紹介されていました。
なんと、広瀬すずの「すず」と鈴の「すず」、このイントネーションの違いをちゃんと言い使い分けていました。
AIの進化は、単純作業よりも、知的労働者の仕事を奪うとも紹介されていました。

AIにより日常生活が激変するのは、さほど遠い未来ではないのかもしれません。


永尾 暁

永尾 暁

席替え


2017年9月22日

20170922.jpg


学校では、学期ごととか、月ごととかで、クラスの席替えがありますね。
そのたびに、子供たちは「今回は誰々くんのとなりで良かった!」とか、
「あ〜一番前だったか〜」とか、一喜一憂しているかと思います。

そんな席替え、このたび、昴本社内で実施しました。

配置はくじ引きとか決めるわけではなく、組織編成の見直しに伴うものでしたので
子供たちのように一喜一憂するようなことはありません。

学校でのクラスの席替えは、机・椅子の移動くらいだと思います。
ひょっとしたら、机・椅子もそのままで、机の中だけの移動だけかもしれませんね。

今回の昴本社内での席替えは、各階の職員が対象でしたし、物も多いので、
クラスの席替えよりもはるかに大変です。

机・椅子はもちろんのこと、各部署が保有している書類関係、各自が使っている
パソコンや機材、そして、キャビネット(棚)や、パーテーション(仕切り)、などなど
いろいろな物を、フロア、階をまたいで動かさないといけませんでした。

私自身は、幸い、場所移動する必要がない状態だったのですが、私は情報システム
担当の人間ということもあり、電源ケーブルやネットワークケーブルをあちらこちらに
這わせたり、取り除いたり、といったことをメインに作業する必要がありました。

当日は作業しやすい服装でOKということでしたので、多くの方が上はTシャツでした。
当然ながら、汚れるし、汗もかくし、疲れるし、いろいろと大変でしたが、会社にTシャツ、
というのは新鮮でした。こんな時にしか味わえません。

翌日の出社は、さすがTシャツというわけにはいきませんでしたが、フロアに入ると、
見える風景が今までと変わって新鮮に感じました。

さて、今回の席替えで組織体制も新しくなり、業務も今まで以上にうまく機能することでしょう。

社員が仕事がしやすくなりことで、如いては、昴のお客様の満足度も上がれば、と思っております。


永尾 暁

永尾 暁

虫退治2


2017年8月18日


毎日、非常に暑いですね。もう、夏のスクーリングも後半戦です。

前回、私のブログでは、蛾が大量発生した話をしました。

さて、今回は、その続きです。

7月初旬「キオビエダシャク」という蛾を、子供たちとそしてご近所の方と一緒に、

一生懸命、退治したはずだったのですが・・・あまり効果はなかったようです。


残念ながら、その後、ヒトツバの木に、キオビエダシャクの幼虫が大量発生しました。

キオビエダシャクの幼虫の写真でも添付しようかと思いましたが、
気分を害される方もいらっしゃるかと思いますので控えておきます。
ご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。
http://www.jpmoth.org/Geometridae/Ennominae/Milionia_zonea_pryeri.html

ご近所の方が、いそいそと幼虫退治をし始めたのを見て、

私も、7月22日、重たい腰を上げ、虫退治第2弾(幼虫退治)を行いました。

まずは、トレボン乳剤というものを薄めて薬をつくります。

これを手動の散布機に入れ、念入りにヒトツバの木、一本一本に散布しました。

下の写真は、業者の方ではありませんよ。私です。

20170818.JPG


これで、なんとか大丈夫でしょう、やれやれ。


永尾 暁

永尾 暁

虫退治


2017年7月14日


もう7月中旬、鹿児島は昨日梅雨明けしました。

まもなく夏休みがやってきます。

皆さん、一ヶ月くらい前頃から、黒い羽にオレンジ色の太目の帯が入っているアゲハ蝶より一回り小さい蛾を見かけませんか。

この蛾、一見すると、蝶のような感じですが、ヒラヒラというよりも、パタパタという感じで飛び回っています。

「キオビエダシャク」という蛾だそうです。

この蛾の幼虫がやっかいもので、ヒトツバ(イヌマキ)の木にやってきて、葉を食い荒らします。

ひどいときには、木を枯らしてしまうくらいの害虫です。

実は、この蛾が、自宅近辺で、大量発生したのです。

自宅の庭には、ちょうどこの頃、淡い黄色っぽい、花らしくない花をつける木があるのですが、

この花の木に、3週間ほど前から、この蛾が数十匹というレベルで群がっていました。

20170714-1.jpg

自宅の庭にも、ご近所の庭、そして垣根にも、ヒトツバはたくさん植えてあります。

キオビエダシャクの成虫(蛾)をこのまま放っておくと、やがては卵を産み、幼虫(芋虫)が孵り、そのうち、大変な事になってしまいます。

・・・ということで、虫取りアミを片手に、蛾退治にがんばりました。

20170714-2.jpg

いい大人が、子供のように、アミを振り回しているさまは、傍から見ると滑稽だったことでしょう。

でも、ご近所の方も、連日、いっしょにがんばっていただきました。

その精あってか、ここ3〜4日、急に見なくなりました。

もう卵を産んでしまったのもしれませんが。

芋虫が大量発生しないことを祈ります。

20170714-3.jpg


2017年5月 5日

20170428.jpg

ゴールデンウィークは昴も休み。
夏休みに次ぐ長い休みです。

長い休みとなると、私はどこかに出かけたくなります。
逆に、休みの日くらいは!という感じで、おうちでのんびりゴロゴロして過ごしたいという人もいるかもしれません。
ゴールデンウィークの過ごし方は人それぞれかと思いますが、旅行に行くにしても、家でのんびりするにしても、次の日も休みだと思うと、ついつい夜更かししがちです。

このゴールデンウィークの夜更かし、これが実は、五月病の原因だそうです。

五月病というくらいですから、5月、つまりゴールデンウィーク明けに発症します。
気分が晴れない、気が重いといった抑うつ状態の症状は、まさしく五月病だと思いますが、なんとなく、体がだるいなぁ、朝起きるのがつらいなぁ、と感じている、そこのあなた!あなたも五月病かもしれません。

この体のだるさは、睡眠リズムの乱れからくるようです。

毎日夜更かししたり、お昼過ぎまで寝ていたり、そんな生活の乱れが睡眠障害を起こし、如いては、「会社に行くのが億劫だなぁ」となってしまうらしいのです。
そして、この症状が顕著に出るのが、4月から急に生活環境が変わった人、つまり、新入生、新入社員、異動してきた人らしいです。

夜更かししてもよいのはゴールデンウィーク前半まで。
ゴールデンウィーク後半になったら、生活リズムを整えるべき、とのこと。
特に、休みの日でも、通常日と同じように、朝決まった時間に起きることが重要だそうです。

このゴールデンウィーク、私も家族とちょっと遠くまで旅行に行く予定なのですが、
休み明け、仕事に支障をきたさないように、早寝・早起きを心がけようと思います。

実のところ、若いころのように、朝、遅い時間まで寝過ごすということが、逆にできなくなりました。
休みの日でも、普段と同じように早い時間に目が覚めてしまいます。
歳のせいですかね・・・ということは、歳を取ると五月病にかかからないのかも・・・

何にしても、ゴールデンウィーク、みなさんも、体調崩さないように気を付けてお過ごしください。


2017年3月31日


20170331.jpg

今春も、多くの昴生が合格し、昴を旅立っていきました。
昴の卒業生のみなさん、昴に通っていただいてありがとうございました。
昴で努力した日々を忘れずに、進学先でもがんばってほしいです。

そして、昴生もやがては就職活動を経て、社会人になる日がやってきます。
既に、外科医になりたい、とか、アナウンサーになりたい、
といった夢を持っている人もいることでしょう。

あなたは将来何になりたいですか?

ここ、少し水を差すようですが。
もし、電車運転士とか図書館司書とかになりたい、という思っているのであれば、
見直した方がよいかもしれません。

既に自動化が実現していたり、その目途が立っていたりする仕事は、
近い将来本当になくなる可能性が高いと思います。

自動車は、すでに高速道路に限ってですが自動運転が実用化されました。
自ずと、電車やバスも自動化されるはずです。
あるホテルでは、ロボットが受付するそうです。
簡単な受付やレジ打ちなどは、セルフであったりロボットが対応したりすることになるでしょう。

ネットで、「将来なくなる仕事」といったワードで検索をしてみてください。
結構、いろいろな仕事が将来なくなると予測されています。
これから、AIやロボット技術がどんどん発展することは間違いありません。

    どんどん便利になっていく
          ↓
    単純な作業は人がする必要はなくなっていく
          ↓
    雇用が奪われていく

世の中はこのように向かっていると感じます。

将来の夢をちゃんと目標と捉えて、努力することはすばらしいことだと思いますが、
なりたい職業が、その先数十年にわたって存在しているか
未来ある学生の皆さんには、こう観点でも将来像を考えてみてほしいです。

今決められなくても、将来の可能性・選択肢を広げるためにも、
昴で志望校合格を目指してみてはどうでしょうか。


永尾 暁

永尾 暁

環境適応能力


2017年2月24日


私ごとでございますが、ここで発表させていただきますと。
先週末、遂に、スマホデビューいたしました。パチパチパチ。

そう、ついこの間までガラケーだったのです。
情報システムという部署に身を置きながら、お恥ずかしい限りです。

今までガラケーに特別こだわっていたわけではありません。
毎月の支払いを考えると、スマホにしてしまうと今よりだいぶ高くなってしまうこと、
そして、それに見合うだけの魅力をあまり感じていなかったから、そのままだったのです。

妻も今回私と同時にガラケーからスマホに乗り換えたのですが、
実は、妻がスマホを必要とする状況になったため、
妻に合わせて、私もスマホデビューとなったのです。

妻がスマホを必要とする理由とは・・・

私の住むところの自治会には、育成会というコミュニティがあります。
この育成会、連絡網に、例年、LINEを使っています。

妻は昨年春から育成会の役員を務めていたのですが、
そのLINEグループに、ガラケーである妻は当然入っていません。

この一年、育成会メンバーからの連絡はあえて妻にだけはメール、という状況にありました。
育成会メンバーは、きっと「面倒だわ」って思っていたに違いありません。

でも、ガラケーで通してきましたのです。
肩身が狭かったことと思いますが。

ところが、今年春から、この育成会の会長をすることになってしまいました。
さすがに、「私がガラケーだから連絡はみんなメールでお願いします」
というわけには行かなくなったようです。

生命は環境に適応しながら進化してきました。
そして、今回、妻も私も、周りの環境に合わせて進化してしまいました。

20170224.jpg

話は変わって、2週間ほど前ことですが。
娘が学校で、「親がスマホ使っている人、手を挙げて」と先生から聞かれたそうです。

そうしたところ、29名中、なんと、28名が手を上げたそうです。
つまり、娘のクラスでは、うちだけがガラケーだったのです。

その話を聞いて、娘に「恥ずかしかった?」って聞いたところ、
「別に〜」って返ってきたので、ちょっとほっとしましたが、
親に気を使っただけで、娘も少し肩身が狭かったかもしれません。

娘よ、喜べ。
これからは、うちもスマホあるよ〜って胸を張って言えるぞ。


永尾 暁

永尾 暁

マラソン


2017年1月20日


もう一ヶ月ほど前のことになりますが、地元のマラソン大会に出場しました。

一般男子であれば、最長の10kmコースにも出場可能なのですが、
ファミリーでのエントリーということで、2kmコースへの出場でした。

以前、一度マラソン大会に出場したことがあるのですが、
今回は、それ以来、16、17年ぶりになるかと思います。

普段、通勤の行き帰り、歩いてはいるので、体力には人並みにあるかな、と思っていましたが、
たった2kmとは言え、走ってみると、意外と疲れました。

軽く流す程度であれば、さほど疲れなかったのかもしれませんが・・・

20170120.jpg

ファミリーコースにエントリーしている人もかなりの人数で、
中にはベビーカーに赤ちゃんを乗せて走る家族もいました。

そんな中、トラックからのスタート。
一気に大勢にランナーがぞろぞろと走り始めます。
私もその中に紛れ、後方から、小1の息子と一緒に走り始めました。

トラックを出てから間もなくしたころ、
最後まで一緒に走るはずだった息子が友達を見つけたようで、
その子を追っかけ、突然スピードを上げていってしまいした。

私も、息子を見失うまいと追っかけましたが、
多くのランナーが壁となり、なかなかスピードを上げられません。
それでも縫うように、息を切らしながら、きょろきょろ探しながら走りました。

折り返し地点の前で、ようやく反対側にいる息子を見つけました。
息子は折り返し済み。

そこからさらにピッチを上げて、なんとか追いつくことができましたが、
もう残りは300mくらいというところだったと思います。

それからは一緒に走り、最後は、無事、一緒にゴールできました。
久しぶりのマラソン、短いながらもゆっくり堪能しようと思っていましたが、
なんだか、息子探しに翻弄したマラソンとなりました。

息子ももう小1ですから、あまり心配せずとも
一人でも最後まで走ってゴールしていたかもしれませんね。

当日はすごく天気も良く、そして、息子の成長も感じられて、マラソン楽しかったです。
また来年もエントリーしようかと考えています。

いずれは鹿児島マラソンとか指宿菜の花マラソンといった
フルマラソンにもチャレンジできれば、とも思ったりしています。


2016年12月16日


あと2週間ほどで今年も終わります。

皆さんはどのような一年だったでしょうか。

私、個人としては、「相変わらずの一年」だったように思います。
うまい表現ではないですが、何か特別にいいことや悪いことがあった一年だったわけではないということです。
こう書いてしまうと、少し淋しい一年のように感じますね。
でも、それなりに充実した一年だったと思っています。

年末話題になるのが、今年の世相を表す漢字一字です。
先日発表されたのでご存知かもしれませんが、今年の一字は「金」でした。

20161216.jpg

やはりリオオリンピックで日本選手がたくさんの金メダルを獲得したことが一番の要因のようです。
メダルラッシュに沸いたオリンピックがあった今年は華やかなイメージにも思えますが、熊本震災があったことは忘れてはいけません。
昴も、死傷者こそ出なかったものの、建物の被害を多少ありました。
通っていただいている生徒やその保護者のかたにはご不便をおかけしたことと思います。


今回、この「昴マンのブログ」、自分の書いた過去の記事を読み返してみました。

2016年3月11日「あの日から」というタイトルで、東日本大震災から5年たったことを書いており、その次の記事は、4月15日、熊本震災発生したその日にアップしていました。
さらに、その次の記事、5月20日分は、復興について書いていました。
たまたまなのですが、震災に関する記事が続いていたのですね

私は日記をつけていませんが、ブログを書いていると過去を振り返ることができていいものです。
まだまだ数えられるほどしかアップしていませんが。

さて、今回分で私のブログは今年最後となりました。
一年間、ご精読ありがとうございました。
来年も当ブログ、続けていくことになるのでしょうか・・・たぶん続けることになるのでしょう・・・。
ということで、また来年も読んでいただけると幸いです。



にほんブログ村 教育ブログ

昴マンのブログ

カテゴリ

バックナンバー