みんなプログラミングできちゃう日がくる?

永尾 暁

永尾 暁

[主任]管理部:情報システム担当


2011年12月23日


昨日、小中学校は終業式でしたね。
子供たちは冬休みスタートです。
そして、昴は、本日より「冬のスクーリング」スタートです!
寒い日々ですが、縮こまらずシャキッと胸を張っていきましょう。

さて、今回のブログは、まじめに新学習指導要領について情報システム担当としての
観点で少し語ってみたいと思います。
(いつもまじめですが。)

新学習指導要領、
小学校は今年度から既に実施されており、
中学校は来年度4月から全面実施となります。

実は最近知ったことなのですが、
新学習指導要領の中学校「技術・家庭科」に、なんと「プログラミング」があるらしいのです。

下記は文部科学省「中学校学習指導要領」からの引用です。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/chu/gika.htm
---------------------------------------------------------------------------------------------
D 情報に関する技術
 (3) プログラムによる計測・制御について,次の事項を指導する。
    ア コンピュータを利用した計測・制御の基本的な仕組みを知ること。
    イ 情報処理の手順を考え,簡単なプログラムが作成できること。
---------------------------------------------------------------------------------------------

「情報処理の手順を考え,簡単なプログラムが作成できること。」とちゃんと書いてあります。
すなわち、中学生全員がプログラミングの仕方を習うということです。

小生、情報システム担当として従事しており、多少のプログラム開発はできるつもりですが、
もし、みんながみんなプログラミングできるようになったら私の商売上がったりです・・・。
逆に、このカリキュラムに特化した講師にはなれるかな?

でも、正直なところ、
技術家庭科の時間数は、中1中2は70時間、中3は35時間となっており、
また、これらの時間のうち、プログラミングについて割り当てられるのはほんの一部だと思いますので、
実際には、数時間の勉強だけでそうそうプログラミングできるようになるはずはなく、
私の商売上がったり、とはならないと思いますが。

私たちの日常生活で、プログラムはあらゆるところに存在します。
パソコン、スマホや携帯のOS、アプリケーション、ゲームはもちろんのこと、
テレビやエアコン、オーブンレンジなどにもプログラムは組み込まれています。
これらアプリケーションや組み込みプログラムは、
ちゃんと人が作っている=プログラミングしているわけです。
IT化がどんどん進んでいく現代において、中学生のうちにプログラムの知識を得ることは、
将来、重要な意味を持ってくるのかもしれませんね。


私がおじいちゃんになる頃は、みんなプログラミングできちゃうような時代になっていたりして。
それはそれで少し恐ろしい気がしますが。


にほんブログ村 教育ブログ

トラックバック

http://subaru-net.co.jp/cms/mt-tb.cgi/601

昴マンのブログ

バックナンバー