虫退治2

永尾 暁

永尾 暁

[主任]管理部:情報システム担当


2017年8月18日


毎日、非常に暑いですね。もう、夏のスクーリングも後半戦です。

前回、私のブログでは、蛾が大量発生した話をしました。

さて、今回は、その続きです。

7月初旬「キオビエダシャク」という蛾を、子供たちとそしてご近所の方と一緒に、

一生懸命、退治したはずだったのですが・・・あまり効果はなかったようです。


残念ながら、その後、ヒトツバの木に、キオビエダシャクの幼虫が大量発生しました。

キオビエダシャクの幼虫の写真でも添付しようかと思いましたが、
気分を害される方もいらっしゃるかと思いますので控えておきます。
ご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。
http://www.jpmoth.org/Geometridae/Ennominae/Milionia_zonea_pryeri.html

ご近所の方が、いそいそと幼虫退治をし始めたのを見て、

私も、7月22日、重たい腰を上げ、虫退治第2弾(幼虫退治)を行いました。

まずは、トレボン乳剤というものを薄めて薬をつくります。

これを手動の散布機に入れ、念入りにヒトツバの木、一本一本に散布しました。

下の写真は、業者の方ではありませんよ。私です。

20170818.JPG


これで、なんとか大丈夫でしょう、やれやれ。


にほんブログ村 教育ブログ

トラックバック

http://subaru-net.co.jp/cms/mt-tb.cgi/961

昴マンのブログ

バックナンバー