国語の勉強法とは

園田 善之

園田 善之

[教室長]鹿児島県 玉江校


2017年7月18日

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
玉江校の園田です。

今日は、声の調子が悪く・・・、一時的なものですが、たまーにそんな状態になります。
しかし、とっても元気です。

玉江校では「国語道場」というものを開いています。

国語の苦手な生徒には、授業中に教えている「国語の解法」をもっと定着させるべく、
定期的に休み時間や自習時間などを利用して、私のところに来てもらいます。

そして、私の渡したテキストの問題を解いてみて、
どのように解いたのか、
どのように記述したのか、
を本人の口から直接説明してもらい、その悪い点、良い点を
私が評価し、アドバイスしていくというものです。

さて、その前に、国語の解法というものが分かっていなければ、この道場は成立しません。
「国語の解法」は私の授業の中で提示されています。

国語の解法をここで示したところで、文章で説明することは不可能ですが、
どのようにして身についたのかは説明できます。

私は子どものころから国語が大嫌いで、数学や理科が得意な理系の少年でした。

ところが、大学入試で失敗して、泣く泣く文系の法文学部に進学いたしました。
法文学部ということですので、周りからは当然、国語と英語ができるのだろうと期待されます。

そこで、真面目に国語と英語と向き合うことにしたのです。

それ以来、様々な国語の解法というテキスト(100冊までは行きませんが、それに近い量)を
読みあさりました。

解法には、いろんな呼び名があったものの、「共通している部分」があることに気付きました。

この仕事を始めて20年以上、小学生、中学生、高校生と幅広く教えていった中で、
現在目の前にしている小・中学生に、『何を教えたら、大学入試まで使えるだろうか』と
考えて、作りあげたのが、「今の国語の解法」です。名前なんてありません。

色々な先人の書物から共通するものをいただいて、それを実践しながら改良を加えて
きたものです。
また、昴の先輩がたから、いただいたアドバイスやスパイスもいっぱい詰まっています。

国語が苦手だったからこそ、苦手な生徒の気持ちがよく分かるのです。
しかし、英語にも国語にも共通することですが、一度解法を掴んでしまうと
その力は衰えないんです。(今のところですが・・・)

昴の講師は毎年、全国の入試問題を解かなければなりません。
試験も課されています。

その中で、自分の解法が使えるかどうかを何十回と毎年試しながら、
必要があれば修正しながら、解法を作り上げてきました。

本が書けるかもしれません(笑)。そんな暇はありませんが・・・。

昴には、そんな先生たちがいっぱいいます!
さあ、昴の授業を味わってみませんか。


にほんブログ村 教育ブログ

トラックバック

http://subaru-net.co.jp/cms/mt-tb.cgi/960

昴マンのブログ

バックナンバー