学力低下を招く少子化 3

2015年3月16日

少子化は、学力低下をもたらしている。
という私の話に、
全国を飛び回っている学習塾コンサルタントが、
少子化と学力低下に関連性があるという話は
初めて聞いた、と述べた。

人口減少の速度が速い県に住んでいるからこそ、
気がつくことなのだと思う。

昨年の「全国学力テスト」の結果を受けて、
鹿児島県では、月1回、第2土曜に、授業を始めることになった。
全国でも初とのこと。

かなりの危機感の表れだと思う。

開始時期は、全地域が同じではなく、
4月を皮切りに、秋までに全地域が始めることになっているようだ。

土曜日に行う内容は、地域によって様々で、
地域との連携を深めた行事が多いそうだ。

こういうものは、これまで平日に行ってきたようだが、
これらは、事前の準備に時間がかかるとのことで
これを土曜日に移し、
平日の勉強量を増やすということのようだ。

勉強量が増えること自体は、いいことだと思うし、
保護者も学力アップにつながるということで、
賛成が多いそうだ。

保護者の期待通りの結果が出ればいいが
子どもたちの外的環境は変わっていない中では、
いい結果が出ることを望むばかりだ。


話は飛ぶが、毎年、新入社員に贈っている言葉がある。
19世紀のイギリスの哲学者ウィリアム・アーサー・ワードの言葉だ。

凡庸な教師は、ただしゃべる。
よい教師は、 説明する。
優れた教師は、自らやってみせる。
偉大な教師は、心に灯をともす。

子どもたちの心に灯をつけることができれば、
あとは放っておいても勉強する。
自分たちの仕事の中で、一番難しいところだ。


子どもたちの公立高校受験に際し、
競争率が1を割り、
0.5以下の高校が10校に上り、
100に近い学科で、定員割れを起こしている状況のなかで、
子どもたちの心に灯をともすことは、
至難の技のように思われる。

定員割れの高校に出願した生徒の数は、
10,678人中、私の足し算に間違いがなければ
 5,001人。
率にして、約47%に上る。

中学3年生の半数近い生徒が、
勉強意欲を失っていると思われる。

児童・生徒の勉強意欲が湧く環境が整わないのであれば、
教育意識の高い保護者の子どもたちや、
昴で勉強している子どもたちと、
学校以外で何の勉強もしていない児童・生徒の学力差は、
今後、ますます開いていくだろう。



トラックバック

http://subaru-net.co.jp/cms/mt-tb.cgi/846

みちこ先生のニコニコ通信

バックナンバー