2015年7月:みちこ先生のニコニコ通信

鉢が割れた。

2015年7月10日

会社の玄関に、ベランダで育てている植物を
二鉢、並べている。

一つは椿。
もう一つは、いただいた寄せ植えの花篭の中の一つを、
大きな鉢に植え替えて育てていた。
名前は分からないが、カラーに似た花だ。


会社は四つ角の一角を占めている。
朝の出勤時、信号待ちで見るともなく見ていると
玄関にあるはずの鉢が1つない。
どうしたんだろう?


しばらくして、
「実は」と電話がかかってきた。

朝、鉢が割れていたという。
風で倒れたの?

    いえ、そうではなくて。
    その〜。よく分からないのです。

言っていることが分からないので、
とにかく持ってきてもらうことにした。

鉢は倒れていたの?
    それが、この状態で立っていました。

世の中には、不思議なことがあるものだ。
鉢の一部が剥がれて割れて、
鉢の周りにバラバラに落ちていたという。

名前の分からない、
濃い桃色のカラーに似た花がいっぱい咲いている植物は、
葉っぱの1枚も傷んでいなかった。

仮に誰かが叩き割ったとすれば、
鉢は倒れるだろう。

一体、どうしたというのだろう?


肥料をタップリ与えたからだろうか、
鉢いっぱいに新芽が出て、
花芽も嬉しくなるほどついていた。

でも、少し、詰まりすぎかな?
とは思っていた。

考えられるのは、根が張りすぎて、
このところの雨で、
    ああ、もう身動きがとれない。
    どうにかして
と叫んだその時、
鉢が割れたのではなかろうか。


頑丈そうな植木鉢を、
植物が、それも木ではない、
なよなよとした草花に
割る力があるのだろうか。

しかし、目の前の植物を見れば、
それ以外に考えようがない。

そうだとすれば、
本当に凄い生命力だ。



日向夏の実の中で

2015年7月 7日

台所に日向夏が1こ、転がっている。
食べる時機を失して、今更、皮を剝いても・・・
と思って、そのままにしておいた。

邪魔にはなるし、このままでは可哀想だ。
皮を風呂の浴槽に浮べて匂いを楽しもうと
夜、皮を半分くらい剝いた時、
エッ。ナニコレ!

芽が出ている。
芽が出ている。

日向夏の1つの房の真ん中くらいから、
2センチくらいの芽が出ている。

そ〜っと中身をくり貫いてみると、
根が出ている。
根が出ている。
1センチくらい。

そりゃあ、そうだ。
根が出てから、芽がでるのだから
当然と言えば当然なのだが、
なんだか不思議。

ン?待てよ。
皮と実はくっついていた。

ということは
根は?

皮を見てみると、
開いている。
開いている。
穴が。

もう一度、日向夏の実を
開いている穴に根が入るように
入れてみた。

外側から触ると
あ。手に触る。
根が触る。

さぁて、これからどうしたものか。


みちこ先生のニコニコ通信

バックナンバー