花さき山に 花が咲いた。

2017年4月12日

バレンタインデーには、
普段、お世話になっている方へ、
心ばかりのお品をお贈りしている。


私の知人なので、
年齢層は当然ながら少々高め。
よって、甘いものは体に良くないだろうと、
昨年から
私の好きな絵本と
僅かばかりのチョコレートを選んでいる。

昨年は、「あさがお」という絵本。
(荒井 真紀 文・絵)
種を蒔いてから、成長し、
また種になるまでを
美しいイラストと判りやすい文章で
綴られている。

子どもたちは土の中は見えないので、
芽が先に出ると思っているが、
実は、根っこが先。

基本の大切さを学んだ絵本だ。


今年は、「花さき山」
(斎藤 隆介作 滝平 二郎絵)
不朽の名作だ。

先日、この絵本をお贈りした方が
お見えになった。

「いただいた【花さき山】を、
娘が『懐かしい!』と
何回も読んでいました。

実は、先日、家族4人で鹿児島一周をしたんです。
大隅半島を見てから、薩摩半島へ行くために、
フェリーに乗りました。
前の方の座席に4人で座っていたのですが、
お年を召された団体が、ドッと乗り込んでこられて、
座席をお探しの様子。

誰言うともなく、席を立ちました。
立ったものの、その日は寒い日で、
甲板では、ブルブル。
桜島フェリーの時間の積りでいたら、
ナントその何倍もかかるとのこと。

つい、『座っていたら良かった』
という言葉が、口からもれました。

その時、
娘がひとこと。
『今、私たちの花が、花さき山で咲いてるんじゃない』

娘に教えられた1日でした」


絵本の凄さを感じた1日だった。



トラックバック

http://subaru-net.co.jp/cms/mt-tb.cgi/948

みちこ先生のニコニコ通信

バックナンバー